【2022年】2人で盛り上がるトランプゲームおすすめ14選!心理戦や駆け引きが楽しめる!

トップ » 入門編 » 【2022年】2人で盛り上がるトランプゲームおすすめ14選!心理戦や駆け引きが楽しめる!

家族や友達が集まった時の遊びの中で定番の「トランプ」

旅行や学校などで、ついつい熱くなって遊んだ思い出のある方も多いのではないでしょうか。

このトランプで遊べるゲームの種類は豊富で、頭脳や駆け引きを重要とするものから、手軽に遊べるものまで様々です。

今回は心理戦・運ゲーム・スピード勝負のトランプゲームを合計14選紹介していきます。

2人で頭脳戦が楽しめるトランプゲームおすすめ7選

トランプゲーム

トランプで遊ぶときは出たカードを覚えるのが、最も簡単な必勝法です。

カードを全部覚えるのは「カードカウンティング」とも呼ばれ、カードの種類を重要視するゲームには有効な戦略となってきます。

カードを覚えるのも重要ですが、トランプの基本は心理・頭脳戦です。

様々な作戦を練って戦えるゲームは、プレイヤーが仲のいい人であればあるほど、盛り上がること間違いなし!

そこで、ここからは頭脳の駆け引きを重要とするトランプゲームをご紹介していきます。

1. 神経衰弱のルールと遊び方

ルールがシンプルなため、誰でも遊べて人気があるのが「神経衰弱」

記憶力が最重要ですが、心理戦を意識すると楽しめる度合いが変わってきます。

ゲームの概要

  1. 全てのカード(ジョーカーを除く)を裏向きにして並べる。
  2. トランプを2枚めくり、同じ数字であればそのカードを持ち札にできる。成功したら連続で挑戦でき、失敗するまでめくれます。
  3. これを場のカードがなくなるまで繰り返して、持ち札が一番多い人が勝利です。

神経衰弱のルールと遊び方

名前の通り、神経を使ってカードの場所を覚えるのがポイントです。

プレイヤー数に制限はありませんが、順番が遅い人が有利なルールのため、2人から3人くらいの方が駆け引きが生まれ、楽しくなるでしょう。

基本的には、めくったトランプは元に戻しますが、カードの傾きなどを工夫して覚えやすくすることもできます。

相手のクセなどを見抜き利用したり、逆に利用され不利になったりと、 いつもの神経衰弱にアクセントを加えることが可能です。

ゲームの対象 子ども~大人
ゲームの対応人数 制限なし(少数人数が推奨)
盛り上がるシーン 特になし

2. ゴーフィッシュのルールと遊び方

ゴーフィッシュはシンプルなルールながら心理的な駆け引きが重要なトランプゲームです。

子どもから大人まで楽しめるのが魅力といえます。

ゲームの概要

  1. カードを1人5枚ずつ配り、残りのカードを裏向きにして置いておく。
  2. 順番を決めて自分の番になったら、誰かプレイヤーを指定して欲しいカードを告げます。このとき、指定する番号のカードは少なくとも1枚は持っておかなければなりません。
  3. 指定されたカードが手札に合った場合、その番号のカードを全てもらうことができ、4枚揃ったら、公開して前に置きます。成功した場合は、連続でカードを得るチャンスがあり、同じ人だけでなく、別の人を指定してカードをもらうことができます。もし、指定した相手がカードを持っていない場合は、「ゴーフィッシュ」と告げ、その人の番は山から手札を引いて終了です
  4. これを繰り返して誰かの手札が無くなるか、山がなくなったときにゲームが終了し、公開したカードがもっとも多い人が勝者です。

ゴーフィッシュのルールと遊び方

例えば、誰かにカードが3枚移動した場合、自分に同じ番号のカードがあればチャンスになります。

誰がどのカードを持っているか把握すれば、ゲームを有利に進められる可能性が高いです。

ゲームの対象 子ども~大人
ゲームの対応人数 3人~5人
盛り上がるシーン いつでも

3. ポーカーのルールと遊び方

トランプの代表的な遊びである「ポーカー」

役を覚えないといけないですが、数字やスート(図柄)を揃えるのがポイント。

最初は、役の強さを表などで見ながらするのがオススメです。

ゲームの概要

  1. 親の人が1人5枚ずつカードを表向きに配り、残りのカードは山札にする。
  2. それぞれ自分の手札を見て役を確認する。いらないカードがある場合は1~5枚の範囲で交換できる。
  3. 交換後、手札を見せて役が一番強い人が勝利です。

基本的なルールは、5枚の手札を交換しながら役を作り、その役の強さで勝負をします。

役については以下の表にまとめているので、ご参考下さい。

役の名前 組み合わせ
ワンペア 同じ数字のカード2枚が1つある組み合わせ
ツーペア 同じ数字のカード2枚が2つある組み合わせ
スリーカード 同じ数字のカードが3枚ある組み合わせ
ストレート カード5枚の数字が順に並ぶ組み合わせ
フラッシュ 同じマークのカードが5枚揃った組み合わせ
フルハウス 同じ数字のカードが3枚と2枚の組み合わせ
フォーカード 同じ数字のカードが4枚揃った組み合わせ
ストレートフラッシュ 同じマークのカードが数字順に並ぶ組み合わせ
ロイヤルストレートフラッシュ 同じマークで10→Aの順に並ぶ組み合わせ

ポーカーのルールと遊び方

ポーカーはすぐに決着がつくので、何かを決めるときや勝負をしたいときにおすすめです。

1人5枚の手札を使って勝負するので、10人までプレイできますが、人数が多くなると山の枚数が少なくなるので2人~4人で行うのがオススメです。

ゲームの対象 小学生~大人
ゲームの対応人数 2人~10人
盛り上がるシーン いつでも

もっとポーカーのことや詳しいルールを知りたい方はこちらを読んでください

4. セブンブリッジのルールと遊び方

セブンブリッジはトランプで行う麻雀のようなゲームです。

少し複雑なのでポーカーと同様に対象年齢は高くなります。

ゲームの概要

  1. カードを7枚ずつ配り、残りのカードは山札にする。
  2. 親からカードを引いていらないカードを捨てる。
  3. 親に戻ったらまたカードを引いて捨てるを繰り返す。(役ができた場合は出す)

基本的なルールは、同じマークのカードを3枚以上集め、同じ数字・連続する3枚などの役を作り、場に出していきます。

役を多く完成させて、手札が無くなった人が勝ちです。

役については以下の表にまとめているので、ご参考下さい。

役の名前 組み合わせ
チー 同じ数字か絵札のカードが3枚以上
ポン 同じマークで数字が続くカードが3枚以上
7(セブン) 7のカード1枚

セブンブリッジのルールと遊び方

他の人が捨てたカードを手札に入れて役を作ることも可能なので、周囲の状況を見ながら捨てないと相手の手助けをしてしまいます。

トランプに点数をつけて行う場合もあり、点数制にすると早く抜けた人が勝つわけではなくなるので、心理戦・頭脳戦の要素が大きくなります。

ゲームの対象 小学生~大人
ゲームの対応人数 2人~6人
盛り上がるシーン いつでも

5. ジン・ラミーのルールと遊び方

ジン・ラミーは短時間で決着する2人用のトランプゲームです。

役を作るゲームなので、多少難易度は高いかもしれません。

ゲームの概要

  1. まず2人のプレイヤーに10枚ずつカードを配る。21枚目のカードを表にし、残りを山札にします。
  2. 親を決めたら親が山札から1枚めくり、要らないカードを捨てます。
  3. 子は山札、捨て札のどちらかから好きなカードを選びます。
  4. このように手札を交換していき、カードの数字の合計が10点以下になったら勝ちです。

ジン・ラミーはカードの組み合わせごとに点数があるので、把握しておくとゲームを有利に進行できます。

組み合わせと点数については以下の表にまとめているので、ご参考下さい。

点数 組み合わせ
10点 同じマークで数字が続く3枚以上のカード
数字通りの点数(A→1など) 同じ数字のカードが3枚以上

ジン・ラミーのルールと遊び方

基本的に、ジン・ラミーは手札の中でセットを作ります。

セット以外の合計点数が10点以下になれば良いので、手札を減らすのではなく、セットを作ることを意識することが大切です。

セットは同一の数字が3枚以上か、同一図柄(スート)で3枚以上の連続する数字で作れます。

ゲームの対象 小学生
ゲームの対応人数 2人
盛り上がるシーン いつでも

6. ページワンのルールと遊び方

ページワンは「大富豪」の簡易版といったトランプゲームです。

老若男女誰でも、ルールを覚えれば簡単に遊べます。

ゲームの概要

  1. 親(ゲームマスター)を1人決める。
  2. 親はプレイヤー全員に4枚ずつカードを配る。
  3. 残ったカードは山札にして中央に置き、上から1枚オープンして場に出す。
  4. 同じマークのカードを自分の前に出す。
  5. 持っていない場合は山札から同じマークのカードが出るまで引く。
  6. 場に出ているカードで、1番強いカードを出した人が次の基準となるマークのカードを山札から引く。
  7. みんなで出したカードは山札がなくなった時のためにとっておく。
  8. 手札が残り一枚になる瞬間「ページワン」とコールする。
  9. 最初に手札がなくなった人の勝利。

ページワンではジョーカーは使用しません。

また、カードの強さは2、3、4→Aの順に強くなっていきます。

もし、手順8.にあるように「ページワン」と宣言しなかった場合はその回のカードを全て手札にしなければならないので、注意しましょう。

ページワンのルールと遊び方

大富豪と同様に、強いカードを先に使ってしまうと、最後に上がりづらくなるので注意が必要です。

ゲームの対象 小学生~大人
ゲームの対応人数 2人~8人
盛り上がるシーン 飲み会や家族など

7. ドボンのルールと遊び方

「ドボン」はUNOに似たルールのカードゲームです。

UNOとは違い、各カードに特殊効果があるので、そこだけ覚えれば簡単に楽しめます。

ゲームの概要

  1. 親(ゲームマスター)を一人決める。
  2. 親はプレイヤー全員に5枚ずつカードを配る。
  3. 残ったカードは山札にして中央に置き、上から一枚オープンして場に出す。
  4. トランプの数字かマークが同じものを持っている場合は1枚出す。
  5. もしない場合は数字かマークが同じものが出るまで山札からトランプを引く。
  6. これを繰り返していき、手札が残り1枚になったら「リーチ」と宣言する。
  7. 手札がなくなったら勝利。

ドボンでは、自分の持っている手札の数字の合計がその場に出された数字と同じときに「ドボン」と宣言して全部一気に出して上がることができます。

なので、運が良ければ逆転が狙えます!

またUNOと似て、手順6.で「リーチ」の宣言がない場合は、山札から1枚引かないといけないので注意が必要です。

それぞれの数字に効果があるので覚えておくと勝ちが狙いやすくなります!

数字 効果
A(1) 次のターンの人をとばして、その次のターンの人に順番が回る。とばせるのは1回のみ。
2 2枚が場に出た次のターンの人は、手札が出せずに山札からカードを2枚引かなければならない。もし次のターンの人も2を持っている場合は、重ねて出せるが、更に次のターンの人が4枚引かなければならない。
8 台札に関係なく出せる万能カード。次のターンの人は同じ色のカードか8を出す必要がある。
J(11) 順番を逆周りにできる。
Q(12) Q(12)を2枚以上持っている場合は同時に場に出せる。1枚だけでも出せる。この場合、Qの上に置かれたカードが台札となる。

ドボンのルールと遊び方

ドボンは終盤になると、自分のカードの合計を数えておくのが勝つためのポイントです。

少なくとも13以下であれば、一気に上がれる可能性があるので、よく注意すると楽しめます。

ゲームの対象 小学生~大人
ゲームの対応人数 3人~7人
盛り上がるシーン 飲み会・家族・友達

トランプで運要素や駆け引きが楽しめるゲームおすすめ7選

ゲームトランプ

ギャンブル好きであれば、運や駆け引きの要素があるゲームがおすすめです。

では、運を重要視するトランプゲームには、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

1. 戦争のルールと遊び方

戦争は2人で遊ぶトランプゲームです。

運要素が強いのですが、ルールはシンプルなので誰でも遊べます。

ゲームの概要

  1. プレイヤー全員に均等にカードを配る。
  2. 「せーの」で一斉に1枚カードを出す。
  3. 一番強いカードを出していた人がその場のカードを取る。
  4. 手持ちのカードがなくなった人が出たところでゲームは終了、一番カードを持っている人が勝利。

カードの強さは2、3、4→Aの順に強く、 同じ数字のカードが出た場合は引き分けでそのまま勝敗がつくまで続けます。

引き分けが続いた後に勝つと、その場にあるカードを全部もらえます。

戦争のルールと遊び方

完全に運のゲームになるので、最初にしっかりトランプを切っておくことが大切です。

じゃんけんなどの延長として考えると良いでしょう。

ゲームの対象 誰でも
ゲームの対応人数 2人
盛り上がるシーン 勝負をつけたいとき

2. トラッシュのルールと遊び方

トラッシュも簡単に遊べる2人用のゲームです。

ルールがシンプルなので誰でも遊べます。

ゲームの概要

  1. 2人のプレイヤーに10枚ずつ配り、裏面の状態で5枚・2列に並べて、左上から順に1~10の番号を振ります。
  2. 自分の番になったら山札から1枚引き、トランプの数字と同じ指定した番号の場所に置きます。
  3. これを繰り返して、先に全ての番号を揃えた方が勝ちです。

jとQが出た場合は、その場でカードを捨てて、やり直しになります。

また、Kが出た場合は好きなところに置くことが可能です。

トラッシュのルールと遊び方

運要素が強く、「K」の使い方によって勝敗が分かれるのがポイントです。

裏面になっているトランプの組み合わせによっては、全てが揃わないこともあるので、運用素が強いゲームといえるでしょう。

ゲームの対象 誰でも
ゲームの対応人数 2人
盛り上がるシーン 暇なとき

3. ブラックジャックのルールと遊び方

ポーカーと並んで、カジノで花形ゲームとして人気のあるトランプゲームです。

基本的には、親(ディーラー)と子(プレイヤー)の2人で対戦します。

ゲームの概要

  1. 親を決めて、親はプレイヤーにカードを2枚ずつ配る。親のカードの1枚は表向き、もう1枚は裏向きにして置き、残りのカードは山札にする。
  2. 2枚のカードの合計値が21を超えないようにカードを引いていきます。カードを捨てることはできず、21を超えた場合は「バースト」となり負けが確定します。
  3. 手札を公開して、合計値が21点以内で親よりも点数が高いプレイヤーが勝利。

10、J、Q、Kは全て10としてカウントされます。例えば、Qと10の組み合わせであれば合計値は20となります。 

ブラックジャックのルールと遊び方

ブラックジャックの攻略法として「カードカウンティング」という技を使うと有利になります。

カードカウンティングは、名前の通り、カードを覚えて、次に来るカードを予測して、チップを賭けることです。

数学の要素を用いることで、高度な予測が行えるのが特徴です。

ゲームの対象 小学生~大人
ゲームの対応人数 2人
盛り上がるシーン 短時間で勝負をつけたいとき

もっとブラックジャックのことや詳しいルールを知りたい方はこちらを読んでください

4. ハイ&ローのルールと遊び方

ハイ&ローは2人で遊べる運の要素が強いゲームです。

ゲームの概要

  1. 各プレイヤーにカードを均等に配る。
  2. 攻め側と守り側を決めて、攻め側は裏向きに、守り側は表向きにして場にカードを1枚出す。
  3. 攻め側は自分のカードの数字が、相手より大きいと思ったら「ハイ」、小さいと思ったら「ロー」と宣言する。
  4. カードを裏返して予想が当たれば、攻め側はカードを貰える。そうでなければカードを捨てる
  5. これを攻守を交代しながら繰り返して、手札がなくなった時点で貰ったカードが多いプレイヤーの勝利。

ハイ&ローのルールと遊び方

捨て札を覚えることで、ハイなのかローなのか予想しやすくなります。

記憶に自信の無い人は難しいかもしれませんが、どれだけ場に出たカードを覚えられるかで予測の精度は変わるのがポイントです。

ゲームの対象 誰でも
ゲームの対応人数 2人
盛り上がるシーン 飲み会など

5. スピードのルールと遊び方

トランプスピード

名前の通り、スピードが勝負のトランプゲームです。

メジャーなトランプゲームの1つなので、1度はプレイしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ゲームの概要

  1. まず親を決めて、その親が全てのカードを赤色のマークと黒色のマークに分ける。
  2. 親は赤か黒を選んで、それぞれ手札の色を決める。決めたら相手の手札を良く切って裏向きのまま交換する。
  3. 自分の手札を見ずに、上からカードを4枚表向きに並べて場札を作る。
  4. お互いに手札から1枚ずつ台札として、場に表向きに出す。この時に「スピード」など声掛けしながらカードを出すと進行しやすい。
  5. 出された台札2枚の前後の数字のカードが場札にあれば、そこからカードが出せる。場札にカードがなくなれば、手札から足していきます。
  6. 台札にお互い出せるカードがない場合は、手札から同時に台札となるカードが出せます。
  7. これを繰り返して、手札と場札がなくなった人が勝利になります。

スピードのルールと遊び方

スピードは頭の回転と反射神経、その場の状況判断能力が問われるゲームです。

同じ内容のカードでも初心者と上級者のプレイヤーと比べるとスピードが全然違います。

運を必要とするゲームと違い、練習すればするほどスピードが速くなるのも1つの魅力です。

ゲームの対象 子ども~大人
ゲームの対応人数 2人
盛り上がるシーン タイマン勝負がしたいとき

6. スナップのルールと遊び方

スナップはプレイヤーがある程度いても、遊べるのが特徴です。

スナップもスピード勝負のため、反射神経と判断力が勝利へのカギとなります。

ゲームの概要

  1. カードを半分ずつ分けて、裏向きのままプレイヤーの前に置く。
  2. 手札の1番上からカードを表で出し、カードを重ねていきます。
  3. 同じ数字が連続して出たときに「スナップ」と言いながら、出されたカードの山に手を乗せます。
  4. 最も早く手をつけた人(手が重なるので、一番下の人)が積まれたカードを全部貰います。
  5. これを誰かの手札がなくなるまで続け、獲得したカードの枚数が多い人が勝ちです。

スナップのルールと遊び方

ルールがシンプルなので誰でも遊べますが、大人と子どものように体の大きさによって有利・不利が生まれてしまう可能性もあります。

その場合は、ハンデなどをつけて調整することが大切です。

特に、フライングが起きやすいので、盛り上がるペナルティを設定するのも面白いのではないでしょうか。

ゲームの対象 子ども~大人
ゲームの対応人数 2人~6人
盛り上がるシーン 簡単な遊びをしたいとき

7.スコパのルールと遊び方

日本では馴染みが少ないかもしれませんが、イタリアでは人気のトランプゲーム。

日本の花札のようなゲーム性もあるのが特徴です。

ゲームの概要

  1. プレイヤーは2人もしくは3人
  2. 使用するトランプは8~10のカードとジョーカーを除いた40枚
  3. プレイヤーに4枚の手札を絵柄が分かるように配る
  4. 場札を4枚表向きに並べ、残りのカードは山札として使う
  5. 手札と場札に並べられた数字に同じカードがあればカードを獲得できる
  6. 無くなった手札は、山札から補充する
  7. 取れる札がなければ、手札を場札に1枚出す
  8. 山札と場札が無くなったらゲーム終了

スコパのルールと遊び方

スコパは、場札と手札の同じ数字を獲得していくことが重要ですが、場札のとり方にもう一つ特徴があります。

それは、場札をまとめて取ることができることです。

例えば、6と2の数字が場札にあった場合、手札に8があれば6と2両方とれます。

つまり、場札を合計し、その数が手札にあればまとめて獲得が可能というのがスコパの面白いポイント。

勝敗は得点制で

条件 得点
カードの獲得枚数が多い人 1点
獲得カードの中にダイヤが1番多い人 1点
ダイヤの7を獲得している 1点
同じ数字のカードを4枚獲得している 1点

という条件で、規定ゲーム数を行い勝敗を決定します。

ゲームの対象 子ども~大人
ゲームの対応人数 2~3人
盛り上がるシーン 家族や親戚、友達同士で
おすすめのオンラインカジノ
ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating
ベラジョン
無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating
カジノシークレット
入金だけで最大470ドルの
キャッシュバックがもらえる!
エルドアカジノ
ELDOAH CASINO
おすすめ度
4.0 rating
エルドアカジノ
CASINOLOBBY限定!4000円の入金不要ボーナスをゲットしよう!
ラッキーニッキー
Lucky Niki
おすすめ度
5.0 rating
ラッキーニッキー
最高999ドルの100%マッチボーナスが初回にもらえる!
オンラインカジノおすすめランキング
オンラインカジノボーナス一覧
カジノ
4.8 rating
還元性のあるプロモーションが豊富なオンラインカジノ。20%キャッシュバックや毎日くじにより、資金を調達しやすい…
4.3 rating
フリースピンが豊富に貰えるスロット好き向けのオンラインカジノ。スロットスローターという独自のキャンペーンではく…
4.1 rating
ウェルカムボーナスが豊富に貰えるオンラインカジノ。初回入金だけでなく5回目の入金までボーナスが受け取れます。遊…
3.8 rating
独自性のある還元システムが魅力的なオンラインカジノ。キャッシュバックやリロードボーナスをよりお得に受け取りなが…
4.2 rating
世界的な巨大カジノグループのフォーチュンラウンジが運営するカジノサイトなので、信頼度の高い安心して遊ぶ事が可能…
4.7 rating
RPG×カジノゲームの要素を取り入れ、自分のアバターで冒険しながらギャンブルができる斬新的なオンラインカジノ。
CASINO LOBBY(カジノロビー)
©️ Copyright 2020 CASINO LOBBY
オンラインカジノランキングバナー