モンテカルロ法とは?損切りも合わせて解説!勝てない人向けのオンラインカジノ攻略法

トップ » 攻略法 » モンテカルロ法とは?損切りも合わせて解説!勝てない人向けのオンラインカジノ攻略法

「オンラインカジノで戦略的に勝ちたい。」「攻略法が知りたいけど、負けにくい戦略がいい。」

このようにオンラインカジノやランドカジノでは運だけではなく、システムベットを使って勝ちたいと考えている人がたくさんいます。

この記事ではリスクを抑えて遊びたい人向けに「モンテカルロ法」を紹介します。使い方からシミュレーション結果まで、わかりやすく解説。システムベットを用いて、利益を出したい人は参考にしてください。

この記事を読むとわかること
  • モンテカルロ法とは
  • モンテカルロ法のメリットとデメリット
  • モンテカルロ法のシミュレーション結果
  • 活用時の注意点
  • いろんな攻略法について

モンテカルロ法とは?ウィナーズ法との比較も

モンテカルロ法やり方1

はじめに、モンテカルロ法の簡単な使い方やメリット、デメリットについて紹介します。モンテカルロ法はカジノで戦略的に使う以外にも、乱数を用いた数値計算手法です。そちらについても簡単に解説します。

メモが必要だが負けにくい堅実な攻略法

モンテカルロ法やり方2

【モンテカルロ法の活用ルール】

  1. 数列の基準を決定(1倍・2倍・3倍)
  2. 賭け額は数列の両端を足す
  3. 負けたときは数列の右に記載
  4. 勝ったときは数列の両端削除
  5. 数字がなくなり次第リセット

モンテカルロ法はメモが必須な戦略方法です。メモは賭け額を決めるための数列を記録する手段。この数列が機能することで、負けにくいロジックが完成します。

モンテカルロ法は最初に数列の値を決めます。(1・2・3)や(5・10・15)のように(1倍・2倍・3倍)が基本の形。スタート時の値によって賭け額のふり幅が変わります。自分の資金額と調整して決めましょう。

モンテカルト法は勝率が50%と33%のゲームで使用できます。それぞれ、勝ったときの作業が違うため注意が必要です。

似た攻略法「ウィナーズ法」との比較

モンテカルロ法とウェナーズ法比較

モンテカルロ法と比較したときに、よく似た攻略法としてウィナーズ法というものがあります。

ウィナーズ法も数列を使う攻略法で負けたときに数列の右を倍にして、勝ったときに数列の左を消すという進め方です。

モンテカルロ法と比べると、勝ったときに両端を消すモンテカルロ法に対し、ウィナーズ法は左しか消さないのでその分、長くなる傾向があります。

またモンテカルロ法は配当2倍・3倍のゲームに使用できるのに対し、ウィナーズ法は2倍ゲームにしか使えません。

表に2つの攻略法を比較したので攻略法選びの参考にして下さい。

ウィナーズ法モンテカルロ法
開始は2連敗後すぐに開始
最初の賭け額を決定【1・1】最初の数列を決定【1・2・3】
賭け額は数列の右を倍賭け額は数列の両端を足す
負けたときは数列の右に記載負けたときは数列の右に記載
勝ったときに数列の左を消す勝ったときは数列の両端を消す
数列がなくなったときに終了数列がなくなったときに終了
ゲーム配当2倍ゲーム・勝率50%配当2倍ゲーム・勝率50%または配当3倍・勝率33%

モンテカルロ法は2倍配当か3倍配当のゲームで使える

モンテカルロ法特徴1

モンテカルロ法は、2倍配当または3倍配当のゲームで使えます。

勝率50%・配当2倍の場合勝率33%・配当3倍
数列の両端1つずつ削除数列の両端2つずつ削除

ただし、モンテカルロ法は基本的に3倍配当のゲームで使う攻略法です。そのため、2倍配当のゲームで使う場合は、上記表のような作業の違いが生まれます。

2倍配当に前述の手順を行ってしまうと、利益が発生しません。

ゲーム数数列賭け金勝敗変化後の数列累計収支
1ゲーム目1234ドル負け1234-4ドル
2ゲーム目12345ドル負け12345-9ドル
3ゲーム目123456ドル勝ち3-3ドル

このように、連勝してもマイナス収支になります。この後勝利したとしても、±0です。

そのため、2倍配当のゲームでは、勝ったときに数列の両端を1つずつ削除しましょう。こうすれば、上記表の例の場合は4ゲーム目に勝利したときの収支がプラスになります。

モンテカルロ法は負けすぎないことが大事

モンテカルロ法負けすぎない

モンテカルロ法は、数字が全て消せたら1サイクルが終わります。1サイクルがちゃんと終了すると発生したマイナスは全てなくなる仕組みになっていきます。ただし、負けが続くと数字が増えていってしまい1サイクルが終了する前に、資金が底をついてしまう可能性があります。そのため、モンテカルロ法では負けすぎないことが大切となります。

負けすぎた場合は、1度損切りをして最初からやり直すものいいでしょう。

モンテカルロ法でオンラインカジノを攻略作戦①|使い方を覚える

モンテカルロ法使い方

モンテカルロ法でオンラインカジノを攻略するために、まずは使い方を覚えましょう。さらに、モンテカルロ法のメリットやデメリットを知り、使うべきところとそうではないところを見極められるようになるのも大切です。シミュレーションも併せて、紹介していきます。

【ジパングカジノ研究所 Vol.44】成功すれば必ずプラスになるモンテカルロ法の本性を暴き出します【オンラインカジノ】-オンラインカジノ ジパングカジノより引用

モンテカルロ法の使い方

モンテカルロ法の使い方は簡単です。

  • 1ユニットあたりの金額を決める
  • メモ用紙に「1・2・3」と書く
  • 数列の両端を足した数に1ユニットの金額を乗算した金額をベットする
  • 負けた場合:右側に前回のユニット数を足す
  • 勝った場合:両端の数字を1つずつ消す
  • 全ての数字が無くなるまでベットを続ける

まず、1ユニットあたりの金額を決めます。1ユニットは1ゲームごとのベースとなる賭け金額のことです。

1ユニットの金額は、1ドルにするのが定番。

ただ、軍資金によって無理のない範囲で増減させましょう。

1ユニットあたりの金額を決めたら、今度はメモ用紙に「1・2・3」と書いてください。実際に賭ける金額は、数列の両端を足した数×1ユニットです。

1ユニット1ドルとした場合、最初は「(1+3)×1」の4ドルになります。

負けた場合、「1・2・3・4」となり、勝った場合は「2」となるということです。

モンテカルロ法のメリット・デメリット

モンテカルロ法は負けたときに数字を足し、勝利時に消すことにより負けても最終的には損失額を回収してプラス収益になるようにできています。ただ、メリットもあればデメリットもあるものです。

モンテカルロ法のメリットとデメリットを知り、使い方を見極めましょう。

モンテカルロ法のメリット

モンテカルロ法のメリットは、負けたときに次の賭け金が急激に増えにくいことと、勝利回数が少なくても利益が出やすいことです。

モンテカルロ法は負けた場合、前回のユニット数を数列の右端に追加します。左端は勝たない限り常に1なので、次回ベットのユニット数は「5」です。つまり前回の賭け金額に1ユニットプラスされるだけになります。

勝った場合には「1・2・3・4」の場合「2・3」になり、ベット額は据え置きです。

前回のベット額の2倍を賭けなければならない攻略法と比べれば、コツコツと賭けられるのがメリット。

さらに、勝利回数が少なくても利益を生み出せます。連敗するごとに賭け金額が少しずつ増えていくので、1度の勝利によって得られる配当が高くなります。場合によっては、負け越していたとしても利益が生まれることもあるのがメリットです。

モンテカルロ法のデメリット

モンテカルロ法のデメリットは、メモしなければならない面倒くささと大きな利益を得るのには向かないということです。

モンテカルロ法の計算を脳内でやるのは現実的ではありません。長引くほど数字の管理が大変になるので、メモが必須です。メモさえあれば複雑な計算でもないので簡単になりますが、人によっては面倒に感じる場合もあります。

さらに、モンテカルロ法は負けたときに1ユニットずつしかベット額が増えません。これはメリットでもありますが、1度の勝利で大きな利益を得られないというデメリットにも繋がります。

「負けを確実に取り返しながら少しずつプラス収益に転じていく方法」だということは、念頭に置いてプレイしましょう。

モンテカルロ法のシミュレーション

続いて、モンテカルロ法のシミュレーションを紹介します。モンテカルロ法の使い方を紹介しましたが、まだわかりにくいところがあると感じる人は一緒に学んでいきましょう。

モンテカルロ法手順①まずはメモ!「123」とメモして始めよう

モンテカルロ法シュミレーション1

最初の準備として、数列を書いていきます。モンテカルロ法の数列は自分好みに調整可能です。たとえば必ずしも「123」である必要はありません。数字を大きくすれば、ベット額が大きくなります。

ただ、基本は「123」です。慣れないうちは「123」にしておきましょう。

モンテカルロ法手順②ゲーム開始!左端と右端の数を足した数×ユニットをベット

モンテカルロ法シュミレーション2

メモを用意したら、ゲームを始めましょう。1回目は、左端と右端の数を足した額です。1ユニットを1ドルにした場合は、4ユニットで4ドルになります。

1ユニット5ドルの場合は、20ドルです。

負けたら数字を足しましょう。勝ったら数字を減らしますが、本シミュレーションでは負けたこととします。

現在の数列は「1・2・3・4」です。

モンテカルロ法手順③また数列の左端と右端を足した数×ユニットをベット

モンテカルロ法シュミレーション3

モンテカルロ法では負けた場合に数列が増え、数列の右に負けたときのベット額を記載します。本シミュレーションでは「123」にしたので、連敗時の次回ベット額は常に「前回のベット額+1ユニット」です。

モンテカルロ法手順④勝ったら両端の数字を消すだけ!残りの数字がなくなるか①つになったら終了

モンテカルロ法シュミレーション4

勝った場合、数列を削除します。

ここで注意したいのは、ゲームの配当倍率によって消す数字を変えるということです。

配当2倍・勝率50%配当3倍・勝率33%
数列の両端を1つ消す数列の両端を2つ消す

配当倍率によって変えるのは、3倍配当のほうが2倍配当より負けやすく、勝利時の配当も大きいためです。2倍配当と同じようにしていると負けがどんどん積まれていき、モンテカルロ法のバランスが崩れます。

モンテカルロ法でオンラインカジノを攻略作戦②|勝てる相性のいいゲームを選ぶ

握手

モンテカルロ法でオンラインカジノを攻略するためには、相性のいいゲームを選ぶことも重要です。モンテカルロ法は、基本的には2倍配当のゲームで行います。3倍配当も勝利時に数字を2つ消すことで対応可能です。

ただ、他にも勝ちやすいゲームかどうかも重要になります。そこで今度は、モンテカルロ法で勝てる相性のいいゲームについて紹介しましょう。

ルーレット

ルーレット

ルーレットはさまざまな賭け方ができるゲームです。配当2倍と3倍のどちらも可能。球が止まる場所を予想するだけのルールで、賭け方がシンプルなので、初心者も遊びやすいです。

配当2倍と配当3倍の賭け方を紹介します。

【配当2倍・カラー】

ルーレットカラー

カラーは数字を予想せず、色を予想する賭け方です。アウトサイドの赤と黒のマスにチップを置くと賭けられます。

【配当2倍・オッド・イーブン】

ルーレットオッド・イーブン

オッド・イーブンは偶数と奇数を意味しています。アウトサイドの偶数と奇数と記載されている箇所にチップを置きましょう。

【配当2倍・ハイ・ロー】

ルーレットハイロー

ハイ・ローは1から18と19から36のどちらにボールが止まるかを予想する賭け方です。

【配当3倍・ダズンベット】

ルーレットダズンベット

ダズンベットは配当3倍の賭け方です。ダズンベットは1から36の数字を小さい順から3つに分けています。

アウトサイドの下側にチップを置く場所があります。

マップ数字
1st121・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12
2nd1213・14・15・16・17・18・19・20・21・22・23・24
3rd1225・26・27・28・29・30・31・32・33・34・35・36

【配当3倍・コラムベット】

ルーレットコラムベット

コラムベットはアウトサイドの右側に賭ける場所があります。賭ける数字はマップを横に3等分。数字の順番は揃っていないので注意してください。

マップ数字
2:1(一番上)3・6・9・12・15・18・21・24・27・30・33・36
2:1(真ん中)2・5・8・11・14・17・20・23・26・29・32・35
2:1(一番下)1・4・7・10・13・16・19・22・25・28・31・34

おすすめルーレット① ライトニングルーレット

ライトニングのプレイ画像

ライトニングルーレットは最高配当が500倍にもなるハイリターンなルーレットです。ルールは普通のルーレット一緒ですが、ベット後にライトニンググラウンドというラッキーナンバーを選ぶ演出が起こるのが特徴。ライトニンググラウンドでは、1〜5の数字が選ばれ50倍〜500倍までの数字が割り振られます。

ベットした数字がラッキーナンバーに選ばれ見事当たると、倍率×ベット額が配当になります。普通のルーレットよりもドキドキ度が高まる面白いルーレットです。

おすすめルーレット② インスタントルーレット

インスタントルーレットのプレイ画像

インスタントルーレットは12個のルーレットが常に回っている状況で、ベット後に1番最初に落ちたルーレットの結果が反映されます。通常のライブルーレットはベット後に次のゲームを待つ必要がありますが、インスタントルーレットは12個もあるルーレットを使うため、待つ必要がありません。

また、ディーラーはいませんがライブカジノなのでランドカジノのようなドキドキ感を味わえます。とにかく早くプレイしたい方におすすめのルーレットです。

ブラックジャック

ブラックジャック

ブラックジャックは配当2倍のゲームとして運用できます。ブラックジャックはディーラーから勝つと配当2倍をゲット。ブラックジャックはプレイすると配当2倍になります。

ブラックジャックは自分のさじ加減で、勝負に勝つか負けるか決まります。もちろん、カード運もありますが、ブラックジャックは自分の実力によって左右されやすいゲームです。

手札の数字によって追加でカードを引くのかどうか…自分の判断で勝負結果が変わることも多々あるので、緊迫感を味わいながらプレイしたい方に向いています。

おすすめのブラックジャック① マルチハンドブラックジャック

マルチハンドブラックジャック

マルチハンドフラックジャックは1人で3つの手札を持てるので、ひとつの手札が悪くても他の手札で勝負できます。

それぞれの手札にベットが必要になるので、大きく負けてしまうことがある反面、うまくいけば同時に3つの勝利を得られることもあります。

複数の手札でプレイしたくないときは、プレイしたい場所にだけチップを置くことで、ひとつの手札だけで勝負することも可能です。

おすすめのブラックジャック② パワーブラックジャック

パワーブラックジャックのプレイ画像

パワーブラックジャックは、ライブカジノで遊べるブラックジャックの1つで席数に関係なく無限にプレイヤーが参加できる仕組みになっています。基本的ルールは普通のブラックジャックと一緒ですが、いくつかパワーブラック・ジャックにしかないルールがあります。

  • 9と10は使わない
  • ダブルダウンのみならず、トリプルダウン、クアドラプルダウンもできる

通常のブラックジャックでは、52枚のカードデッキを使用しますが、パワーブラックジャックでは9と10を抜いた50枚のカードデッキを使用します。9と10がないぶんディーラーはバーストしにくくなります。ただ、勝てると思ったときにはベット額×3、×4を賭けることが可能です。

待ち時間もなく気軽に遊べるブラックジャックなので是非遊んでみてください。

バカラ

バカラ

バカラは配当2倍として遊べるゲームです。仮想の人物「プレイヤー」と「バンカー」のどちらが勝つかを予想します。予想が当たると、配当2倍をゲットできます。

勝利条件はカードを足した数字の1桁目が9に近いことです。

あわせて読みたい

おすすめのバカラ①スピードバカラ

スピードバカラ

短時間で勝負が決するので、何度も勝負したい方におすすめバカラです。

動作がすべてスピーディで、スクイーズと呼ばれるカードをゆっくりとめくる演出もありません。

スクイーズでドキドキしたい方には物足りないかもしれませんが、代わりにスピード感のある勝負を楽しめます。「とにかく数をこなしたい」という方にはピッタリです。

おすすめのバカラ② ライトニングバカラ

ライトニングバカラのプレイ画像

ライトニングバカラは最高配当が130倍にもなるという爆発力があるバカラです。ベット後に1〜5枚のカードが選ばれ×2、×3、×4、×5、×8のマルチプライヤーがそれぞれのカードに割り振られます。もしも、マルチプライヤーがついたカードを引いて勝利した場合、配当額にその倍率が上乗せされた金額を獲得できます。

バカラでは、数字が低い場合には3枚目のカードを引くというルールがあります。そのため、カードを引く枚数が増えるほどマルチプライヤーがつく確率が高まります。

モンテカルロ法でオンラインカジノを攻略作戦③|損切り・撤退タイミングでやめる

モンテカルロ法注意点

モンテカルロ法は負けと勝ちをある程度バランスよく繰り返すことで、収益が得やすくなる攻略法です。場合によっては、収益が出なくなることもあります。引き際を見誤ると大きくマイナスになることもあるので、注意しなければなりません。

モンテカルロ法でオンラインカジノを攻略するために、適切な損切り・撤退タイミングについて紹介します。

4連敗以上したときは損切りする!など事前に決めておく

モンテカルロ法は、勝てなければ延々と数字が増えます。他の攻略法に比べればベット額の伸びが緩やかとはいえ、負け過ぎると資金を圧迫するので損切りタイミングを事前に決めておくのが有効です。

たとえば4連敗以上したときは損切りするというのがおすすめ。2倍配当のゲームで4連敗することは、決して多くはありません。

初手で4連敗した場合「1・2・3・4・5・6・7」となり、次回ベット額は8ユニットになります。22ユニットの損失もあるので、十分損切りをしていいポイントです。

予算と照らし合わせて、どこまでの損失なら許容できるかを考えつつ事前に連敗数の許容範囲を決めておきましょう。

予算オーバーする手前で止める

損切りの連敗数を決めずに始めた場合、資金管理が重要になります。自分の予算から逆算して、予算をオーバーする手前で止めましょう。

100ドルの予算がある場合、残り30ドルになったら1回止めるなど自分のなかでルール作りをするのがおすすめです。予算をオーバーするとずるずる負けてしまい、新たに資金を入金してまた負け、深みにハマってしまう可能性があります。

そこで損切りして出金するのもよし、一度気分転換するのもよし、通常プレイに切り替えるのもよし…。とにかく、予算オーバー手前で一度モンテカルロ法を止めるということを意識しましょう。

大勝ちを狙うときはほかの攻略法の方が向いている

モンテカルロ法は、大勝ちを狙えないのがデメリットです。勝ち負けを繰り返して損失額を着実に回収しつつ、少しプラス収益になるのがモンテカルロ法の特徴。このサイクルを何度も繰り返して、少しずつ収益を増やすことになります。

ただ、目標勝利額が大きければ大きいほど長期戦になるので、大勝ちを狙うときは最初から他の攻略法を使うのがおすすめです。

たとえばマーチンゲール法など、負けたときに次のベット額を2倍にする方法なら配当も大きくなります。

モンテカルロ法はカジノで禁止されている?

モンテカルロ法のようなシステムベットは、オンラインカジノによっては禁止されています。ランドカジノでは、多くの場合禁止です。

ただ、規約に「ローリスクベット・システムベットの禁止」と明記されていなければ、モンテカルロ法は使えます。

たとえばベラジョンカジノでは、「現金でのプレイ時のシステムベット」は禁止されていません。よって、キャッシュでモンテカルロ法が使えます。

ただし、ベラジョンカジノではボーナス利用時に「不規則なプレイパターン」「リスク軽減行為」による賭けをするのは禁止されているので、注意してください。出金処理前にこれらについて確認が行われます。

コロコロとベット額が変わるモンテカルロ法では、不規則なプレイパターンに該当する可能性があるのでボーナスでは使わないようにしましょう。

モンテカルロ法で勝てない時に使える勝率を上げる改良法

モンテカルロ法改良法

モンテカルロ法でうまく勝てないときに使える「勝率を上げる改良法」を紹介します。

  • 連敗しそうな時は空回しで連敗回避
  • 連勝できている時はハイリターンなパーレー法などに変更する

ひとつ目は負けが続いている時に流れを変えるための方法で、ふたつ目は調子が良い時に利益を伸ばすための方法です。

調子が良い時も悪いときも状況をより良い状況にしたいときの参考にしてください。

連敗しそうな時は空回しで連敗回避

モンテカルロ法空回し

ルーレットで使える方法で「連敗しそうなときは空回しで連敗回避」という方法があります。

赤か黒のカラーでベットしているとき、上記画像のように同じ色が続いているのなら空回しをして別の色が出るまで様子を見るのという手もアリです。

「もうそろそろ黒が出るはず」と黒にベットし続けた結果、赤が続いて連敗してしまうこともあります。流れを変える方法として空回しをうまく使いましょう。

空回しの使用例

回数ベット結果勝敗
1回目負け
2回目負け
3回目なし(空回し)
4回目なし(空回し)
5回目勝ち

連勝できている時はハイリターンなパーレー法などに変更する

別の改良法を使う

モンテカルロ法はリスクを小さく、コツコツと利益を上げられるのがメリットです。

うまく連勝出来ている時はモンテカルロ法を使ってもすぐに終了してしまうので、ハイリターンなパーレー法などの攻略法を使うのもおすすめです。

パーレー法は勝利した時にベット額を2倍にするので、連勝すれば少ない回数でも大きな利益を生み出せるのが特徴です。ただし、ベット額を上げたときに負けてしまうと失う金額も大きくなるので注意が必要です。

モンテカルロ法は競馬などでも使えるのか?

競馬

モンテカルロ法は競馬などでも使えるのでしょうか?

結論、モンテカルロ法は競馬でも使えます。

ただし厳密にいうと、ピッタリ3倍配当になることは少ないので多少の誤差が出てしまうことには注意が必要です。

配当が2.8倍や3.4倍などになるとモンテカルロ法で求める結果が得られない可能性もあることを理解しておきましょう。

結論:3倍配当を狙えば運用は可能

モンテカルロ法は、競馬でも使えるかどうかでいうと、運用は可能です。

競馬でモンテカルロ法を使うには、オッズが3倍配当の馬を狙いましょう。

ただし、モンテカルロ法は的中時のオッズが3倍以上でなければなりません。「約3倍でいいか」と2.7倍や2.9倍などのオッズに賭けてしまうと当たった時に3倍と剥離している分、利益が小さくなります。

モンテカルロ法では3倍配当であることを前提に数列を書き進めていくので、配当が3倍以下になると攻略法を最後まで進めても利益が出ない可能性があるので気を付けてください。

逆に3倍以上のオッズに賭ければ当たった時の利益は大きくなりますが、配当が大きいほど予想が的中する可能性が下がるので注意が必要です。

なお、数列の書き加えや削除のルールは、カジノゲームで使う場合と変わりません。

厳密な確率論ではないためうまくいかない面も

競馬でモンテカルロ法を使う場合は、カジノゲームよりもリスクが大きくなります。

競馬は、厳密な確率論ではありません。「この馬なら3倍以上のオッズが期待できて、勝つ確率も高い」と思われるような場合でも、芝の状況・天気・馬の体調・ジョッキーの調子などによって結果が変動します。

そのうえ、馬券を勝ったときは3倍以上のオッズでも、確定時に3倍未満になる可能性もあるので注意が必要です。

カジノゲームで使うときのように、「続けていれば確実に損失を回収できる方法」とは言えません。

そのため、競馬でモンテカルロ法を使う場合は逆に「引き際」が大事になります。その点を念頭に入れて、楽しみましょう。

モンテカルロ法で勝てない!?気をつけたいポイント

モンテカルロ法気をつけるポイント

「モンテカルロ法を使っても勝てない。」このような盤面は必ずあります。攻略法は必ず勝てる戦略ではありませんが、毎回負けている人は注意が必要です。

次はモンテカルロ法を使って負ける人の特徴や注意点について紹介します。

損切りのタイミングが分かっていない

モンテカルロ法は数列を用いて賭け額を決定します。数列がなくなったときにリセットしますが、負けているときの損切りを考えるべきです。

自分の資金量といつまで数列が続いているかを見て、続けられないと判断したときは早めに打ち切りましょう。必要以上に負けないために、攻略法を早めに辞めることも大事です。

メンタルで負けてしまう

「これ以上負けたくないから、辞めてしまおうかな」「連勝しているうちに辞めてしまおうかな」と、モンテカルロ法のルールに従わず、途中でやめることは悪手です。

しっかりと、ルールに従ってやり通すことが大事。もちろん、自分がこれ以上負けれないラインまできたら損切りとしてストップしましょう。それ以外は、どんな状態でも最後までやり続けましょう。

資金管理ができていない

資金管理は重要で、中途半端に攻略法を続けられない状態へならないように工夫しましょう。資金管理ができないと、そのようなことが起きやすいです。

攻略法を活用する際は、利益や損害だけを計算するのではなく、自分が使える分の資金がどのくらいあるのかを計算しましょう。資金難になりそうなときは早めに攻略法を辞めるのもありです。

無駄に負けないことを意識してモンテカルロ法を活用しましょう。

モンテカルロ法を守らない・理解していない

モンテカルロ法は数列によって賭け額を決定するため、システムを正しく理解して活用することが最も重要です。システムが正しく作用しているから、負けない仕組みができています。

モンテカルロ法のルールをしっかり活用できないと、せっかくの負けない仕組みが発揮できないです。モンテカルロ法のルールや仕組みはしっかりと理解しましょう。

モンテカルロ法を試せる!オンラインカジノおすすめ3選

オンラインカジノおすすめ

モンテカルロ法と相性が良いゲームは、全てオンラインカジノで遊べます。そこで、早くモンテカルロ法を試してみたいという方のために、おすすめのオンラインカジノを3つ厳選して紹介しましょう。

モンテカルロ法おすすめカジノ①ベラジョン

ベラジョン

ベラジョンカジノは、日本で最も人気のオンラインカジノです。

日本人向けの独自キャンペーンが豊富なことや、日本語サポート対応が優秀な点などが人気の理由となっています。

ゲームは、日本人が好むようなポーカー、ルーレット、ブラックジャックのテーブル数が多いです。スロットも多数用意されており、新作ゲームがプレリリースされることもあるのでカジノゲームでモンテカルロ法を試したい方にも、スロットが好きな方にもおすすめ。

初心者でも楽しめるオンラインカジノなので、初オンラインカジノとしても選びやすいです。

モンテカルロ法おすすめカジノ②ジパングカジノ

ジパングカジノ

ジパングカジノは、名前の通り日本市場を重視しているオンラインカジノです。日本語のサポートが優秀なだけでなく、サイトデザインも日本人に馴染み深い形になっています。

さらに、初回入金ボーナスは4種類から選べるようになっているのが魅力的。

  • 入金額の100%を最大1000ドルまで
  • 入金額の200%を最大2000ドルまで
  • 入金額の300%を最大3000ドルまで
  • 全額負けたときに20%のキャッシュバック

どれを選んでもお得です。他にも、魅力的なボーナスが多数用意されています。

さらに、日本人好みなパチスロ風スロットや、ブラックジャックなどのテーブルゲームが多いのが良いところです。モンテカルロ法を試しやすいゲームのテーブル数も豊富なので、モンテカルロ法を試すにもおすすめなオンラインカジノだと言えます。

モンテカルロ法おすすめカジノ③カジノシークレット

カジノシークレット

カジノシークレットは、賭け条件がないボーナスがたくさん貰えるオンラインカジノです。

賭け条件とは、「出金するにはボーナス額の○倍を賭けなければならない」という条件のこと。これが無いということは、ボーナスで勝利した金額をそのまま出金できます。賭け条件を達成しようとしているうちに負けてしまうということがないので、とてもお得です。

さらに、ライブカジノゲームがたくさん用意されています。特にルーレットとブラックジャックが多く、モンテカルロ法を試すには最適です。

モンテカルロ法に関するQ&A

モンテカルロ法Q&A

これまでモンテカルロ法のルールや注意点を紹介しました。最後に多く寄せられる質問や疑問点を解説します。

Q:モンテカルロ法を使えば勝てるの?

A:負けないことに特化した攻略法ではあるが100%ではない

モンテカルロ法はリスクが少ない攻略法ではありますが、必ず負けない攻略法ではありません。また、モンテカルロ法にも苦手な盤面があります。しっかりと理解して、勝ちやすい状態で活用しましょう。

Q:モンテカルロ法は競馬やfxでも使える?

A:工夫が必要だが使えなくはない

競馬でモンテカルロ法を使用する際は、配当2倍で活用するのか、配当3倍で活用するのかをはっきり決めてからにしましょう。配当がバラバラになると、システムが正しく作用しなくなります。

fxでモンテカルロ法を試す際は、勝ったか負けたかの2択であるため、配当2倍で活用しましょう。

Q:モンテカルロ法以外の攻略法ってある?

A:負けにくい攻略法や勝ちを大きくする攻略法まで様々!

モンテカルロ法が上手くいかないときはほかの攻略法を試しましょう。

Q:モンテカルロ法で期待値って上がるの?

A:モンテカルロ法にかぎらず攻略法を使っても期待値は上がらない

そもそも、期待値とは賭け金額に対して戻ってくる見込額の平均値のことです。つまり、「このゲームをプレイすれば1000円中何円が戻ってくると期待できるか」を示すもの。これは、各ゲームによって決まっています。

モンテカルロ法などの攻略法はあくまでも「リスクを抑える方法」や「1度の勝利でより大きく勝つための方法」です。賭け金額に対して戻ってくる見込額は、変わりません。

Q:モンテカルロ法ってカジノで禁止されてるの?

A:オンラインカジノでは禁止のしようがない!

ランドカジノの場合、ゲームプレイ中に紙とペンやスマホなどを取り出してメモを取るという行為は、マナー違反です。実際に禁止とするカジノもありますが、全てではありません。

オンラインカジノの場合は、そもそも禁止しようにも取り締まるのが難しいです。ユーザーの手元やPC画面はディーラーから見えないので、モンテカルロ法を使っているかどうか確認しようがありません。

そのため、オンラインカジノでは禁止したくてもできないという状態です。

モンテカルロ法以外の攻略法

モンテカルロ法以外の攻略法

モンテカルロ法はリスクが少ない負けにくいパターンの攻略法です。しかし、大当たりが狙える攻略法を使いたい人は別なパターンが期待できる攻略法を使うべきです。

今回はモンテカルロ法以外の攻略法を紹介します。勝ちパターンや使い方から自分に合っているのか確認しましょう。

攻略法名勝ちパターン
グランパーレー法大勝ちが狙える・ハイリスクハイリターン
マーチンゲール法勝つまで続けると確実に利益獲得
ココモ法リスク小・利益小・長期戦
パーレー法大勝ちが狙える・グランパーレー法よりもリスク小
ウィナーズ法リスク小・利益小・長期戦
グッドマン法リスク小・利益小・長期戦
10%法リスク小・利益小・長期戦

グランパーレー法

グランパーレー法はモンテカルロ法と違って、大勝ちが狙える戦略です。連続で勝っているときに、利益を増やします。

ルール内容
最初に賭け額を決める
勝ったときに【賭け額を倍プラス最初の賭け額にする】
勝っているうちに辞めると利益ゲット
負けたときは最初の賭け額にリセット

賭け額を倍にしてさらに、最初の賭け額を足すことで、連続で勝ったときに利益を得やすくなっています。

大勝ちしやすい反面、リスクも高い戦略です。連勝中に負けるとそれまでの賭け額がそのまま損失額になります。賭け額は跳ね上がるように増えるため、辞めるタイミングに注意が必要です。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は最終的に利益を獲得できる戦略です。勝つまで続けると利益を獲得できるため、そこまで続けることが重要です。しかし、何連敗もすると、賭け額が跳ね上がります。資金が枯渇する前に勝つ必要があります

ルール内容
最初に賭け額を決める
負けたときに【賭け額を倍にする】
勝つまで続けると利益ゲット

利益を確実にゲットできる戦略ですが、資金が枯渇しないことが条件です。資金が十分にある人が活用できます。

ココモ法

ココモ法はリスクが少なく、利益をゲットできる攻略法です。1回の勝利でそれまでの損失をカバーできます。

ルール内容
最初に賭け額を決める(1ドル)
1回目最初に決めた賭け額(1ドル)
2回目最初に決めた賭け額(1ドル)
3回目は1回目と2回目を足す(2ドル)
4回目は2回目と3回目を足す(3ドル)
5回目は3回目と4回目を足す(5ドル)
勝ったときに利益を確定

ココモ法の良い点は勝ったときにそれまでの損失をなくせるところです。しかし、ココモ法は勝率33%のゲームで使用できます。ほかの攻略法のように勝率50%ではないため、勝ちにくいです。その点で、資金が枯渇しないかが悩みです。

パーレー法

パーレー法はグランパーレー法と似ている攻略法です。賭け額の計算が違う以外はすべて同じです。

ルール内容
最初に賭け額を決める
勝ったときに【賭け額を倍にする】
勝っているうちに辞めると利益ゲット
負けたときは最初の賭け額にリセット

グランパーレー法よりも、賭け額が増えないため、リスクは抑えられます。しかし、利益も減少。資金額や許容損失額のバランスを考え、自分にあった攻略法を選択しましょう。

ウィナーズ法

ウィナーズ法はリスクを抑えて、ツコツ利益を増やす攻略法です。

ルール内容
最初に賭け額を決める(1ドル)
2連敗まで最初の賭け額を賭け続ける
2連敗後にスタート【1・1】
賭け額は数列の左(1)を倍にする
負けたときは数列の右に賭けた値を記入
勝ったときは数列の両端を削除
数列がなくなったときにリセット

ウィナーズ法は数列を使用するため、ルールをしっかりと理解して活用する必要があります。

グッドマン法

グッドマン法は少しずつ賭け金額を上げながら、低リスクでコツコツと勝ちを積み上げていく攻略法です。

ルール内容
最初に1ドルを賭ける
2ドルを賭ける(勝った場合)
3ドルを賭ける(勝った場合)
5ドルを賭ける(勝った場合)
負けた場合は1ドルからやり直し

グッドマン法は「1・2・3・5」という規則性にもとづきベット金額を上げていきます。負ければ1ドルに戻るので、連敗してもそこまで痛手ではありません。逆に連勝できれば賭け金が上がっていくので、勝利金額が増えていきます。

10%法

10%法は自分の軍資金の10%をベットする攻略法です。難しいルールなどはないので、初心者でも簡単に使うことができます。

ルール内容
軍資金を決める(100ドルに設定)
100ドル×10%=10ドルを賭ける
勝った場合:110ドル×10%=11ドルを賭ける
これを繰り返し行う

軍資金の10%を賭け続けるだけのシンプルな攻略法ですが、どのゲームでも使用でき連勝すれば勝利金額が増えていきます。負けが続いた場合の損切りラインはしっかりと設定しておくことが重要です。

モンテカルロ法でリスクを抑えてカジノを楽しもう

モンテカルロ法まとめ

モンテカルロ法のルールや気を付ける点について紹介しました。モンテカルロ法はリスクが少なく、利益をゲットできる攻略法です。

モンテカルロ法は配当2倍と配当3倍のゲームで活用できます。ですが、配当2倍と配当3倍のゲームで数列を消す個数が違うので注意が必要です。

また、モンテカルロ法は利益が小さいため、一攫千金を狙いたい人は別な攻略法をおすすめします。

おすすめのオンラインカジノ
ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating
ベラジョン
無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating
カジノシークレット
入金だけで最大470ドルの
キャッシュバックがもらえる!
エルドアカジノ
ELDOAH CASINO
おすすめ度
4.0 rating
エルドアカジノ
CASINOLOBBY限定!4000円の入金不要ボーナスをゲットしよう!
ラッキーニッキー
Lucky Niki
おすすめ度
5.0 rating
ラッキーニッキー
最高999ドルの100%マッチボーナスが初回にもらえる!
オンラインカジノおすすめランキング
オンラインカジノボーナス一覧
カジノ
5.0 rating
アニメ調のマスコットキャラクターが特徴のラッキーニッキー。日替わりで変わるプロモーションやVIP向けの制度が充…
3.6 rating
2020年7月に設立された新しいオンラインカジノ。2,000種類を超えるゲームの数々と条件の良いリベートボーナ…
4.3 rating
2022年にオープンした新しいオンラインカジノ。3000種を超えるゲームを提供し、麻雀・花札・UNO・釣りゲー…
3.2 rating
欧州発のオンラインカジノとスポーツベット両方を楽しめるサイト。採用しているゲームプロバイダは20社以上でゲーム…
3.0 rating
日本語に対応しているブックメーカーサイト、ピナクル。1998年にサービスが開始し、今では200カ国以上で遊ばれ…
3.3 rating
2019年にオープンしたばかりの新しいサイト。大人気女優の明日花キララがアンバサダーを務めるオンラインカジノ
CASINO LOBBY(カジノロビー)
©️ Copyright 2020 CASINO LOBBY
オンラインカジノランキングバナー