ブラックジャックのベーシックストラテジー応用編!ハンドごとに詳しく解説

トップ » 実践編 » ブラックジャックのベーシックストラテジー応用編!ハンドごとに詳しく解説
このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

ブラックジャックの攻略法で有名な「ベーシックストラテジー」ですが、上手く利用できない。

といったプレイヤーもいます。

プレイ中にベーシックストラテジーの表を見ながらプレイしていると

「なんとなく面倒くさい」

なんて思った方もいるのではないでしょうか。

ベーシックストラテジーは基本的な面を理解しながらも、応用的な情報を得ることで、さらに効果を発揮します。

本記事では以下のベーシックストラテジーの応用的な知識についてご紹介します。

この記事を読むとわかること
  • ベーシックストラテジーのハンド手札のこと。ごとの応用知識
  • そもそもベーシックウトラテジーとは?
  • ブラックジャックが遊べるオンラインカジノ

【ブラックジャック】ベーシックストラテジーの基本を抑えよう!

ベーシックストラテジーとは、ブラックジャックで使用する攻略法で、自分の手札とディーラーライブカジノのテーブルでゲームの進行を担うスタッフのこと。の親の手札を比較してプレイする指針を示しています。

つまり、このベーシックストラテジーを利用すれば

「次の行動は何をしたらいいんだ?」

といった思考は必要ありません。

このベーシックストラテジーには以下の3種類のパターンテキサスホールデムで共通カード4枚目を配った状態に分けられます。

  • ハードハンド手札のこと。

ブラックジャックベーシックストラテジー

H(ヒットブラックジャックで、手札を追加で1枚引く行為。 カードを1枚追加する
S(スタンド) カードを追加せずこの手で勝負する
D(ダブルダウン) 追加ベットをし、カードを1枚のみ追加し勝負
  • ソフトハンド

ブラックジャックベーシックストラテジー

H(ヒットブラックジャックで、手札を追加で1枚引く行為。 カードを1枚追加する
S(スタンド) カードを追加せずこの手で勝負する
D(ダブルダウン) 追加ベットをし、カードを1枚のみ追加し勝負
  • スプリット

ブラックジャックベーシックストラテジー

H(ヒット) カードを1枚追加する
S(スタンド) カードを追加せずこの手で勝負する
D(ダブルダウン) 追加ベットをし、カードを1枚のみ追加し勝負
P(スプリット) 追加ベットをし、2枚のカードをバラし2組の手札にする

ハードハンドは合計数字での行動となるため、ソフトハンド・スプリット対応後に参考にするベースとなるベーシックストラテジーです。

状況に応じてプレイをすることで、還元率ゲームの統計的な払戻率、ユーザーの取り分となる割合は96%〜102%といわれており、上手く運用すれば常勝も見込める戦略となっています。

攻略法の完成形パーフェクトストラテジーとは

パーフェクトストラテジーとは、ベーシックストラテジーの戦略に「カードカウンティング」の要素を加えた戦略のことを指しています。

カードカウンティングとは、使用したカードを使わないブラックジャックで有効な戦略で、ハウスカジノでは禁止されているほど効果があるのです。

カードカウンティングは使用したカードを記憶し、次のカードの数字を推測します。

ただ、カードカウンティングは52枚1組のトランプ「1デッキ」を6〜8組使うテーブルなら有効です。

しかし、1ゲームごとにすべて混ぜてしまうシャッフルトランプ等を混ぜること。順番をランダムにすること。マシーンを使用しているテーブルには効果がないので、注意が必要です。

ベーシックストラテジーの応用|ハードハンド編

ブラックジャックベーシックストラテジー

ブラックジャックのハードハンドは、手札の合計とディーラーライブカジノのテーブルでゲームの進行を担うスタッフのこと。のオープンカードのみに注目した指針です。

そのためベーシックストラテジーのなかでは、ベース的な扱いとされるのがハードハンドとなっています。

スプリット、ソフトハンドからハードハンドのベーシックストラテジーに移ることも戦略の一つです。

ここからは、ベーシックストラテジーのハードハンドについて、応用的な知識について詳しく解説いたします。

プレイヤーの合計が10・11の場合はダブルダウン

手札が配られた時点で、合計数字が「10」となっていた場合はダブルダウンの選択がおすすめです。

ダブルダウンは追加ベットをし、ヒットを1回だけしたのち、強制的にスタンドとなるコールポーカーで直前のプレイヤーと同じ額をベットすること。となっています。

つまり、ダブルダウンは勝負の一手です。

なぜ、このような判断になるのか分かりやすくポイントでご紹介します。

  • 何を引いてもバーストブラックジャックで、手札の合計が21点を超えてしまった状態。バストとも。(21を超える)ことがない
  • ブラックジャックは10とカウントするカードが多い
  • 17以上までディーラーはヒットする必要がある

ブラックジャックは10とカウントするカードが「10・K・Q・J」の4種類あり、デッキがフルカウントならば引く確率は、約30%と高く、合計が「20」になる確率が非常に高いのです。

また「17・18・19」といったディーラーがノルマとする合計を、1発で引こうとすると合計20を含め53%となります。

つまり、合計10のときはリスクなしで50%との割合で勝てる手を仕上げることが可能となるのです。

プレイヤーの合計が13~16のときにスタンドしてしまう理由

プレイヤーの合計が「13〜16」といった弱いカードに関わらず、スタンドする指示をしているのにお気づきでしょうか?

合計カード的に弱いのに諦めてしまうのには以下の点があげられます。

  • プレイヤーがバーストブラックジャックで、手札の合計が21点を超えてしまった状態。バストとも。する確率が高い
  • ディーラーのバースト狙い

プレイヤーが13〜16の合計のときにヒットした場合、以下の確率でバーストしてしまいます。

合計 1枚のヒットでバーストする確率
13 38.46%
14 46.15%
15 53.85%
16 61.54%

※残りカードがフルカウントの状態の割合です

一度バーストすると、その場で敗北が決定するため、避けて動くのが懸命です。

これは、ディーラーにも共通しており、加えてディーラーは17以上まではヒットしないといけないルールがあるため、バーストする確率が非常に高いのです。

これはディーラーとプレイヤーと違う1つのルールを利用した戦略となっています。

プレイヤーの合計が17以上ならスタンド確定!

プレイヤーの合計が「17」以上になった場合は、スタンドをする選択となります。

これは、ィーラーは合計が17以上になるようにしなくてはならない

といったルールに沿った戦略となります。

自分が21を超えたバーストにならずに、勝負するには以下の2点の条件しかありません。

  • プレイヤーがどんな手でも、ディーラーがバースト
  • バーストせずに、ディーラーよりも21に近い合計である

この合計数字が17以上でスタンドという戦略は、後者の勝利条件に当てはまるのです。

ディーラーは17以上になるまで手を作らないといけないので、プレイヤーが合計17以上であれば、無理に勝負する必要はありせん

ディーラーと真っ向勝負するときは、覚えておきたい戦略です。

ベーシックストラテジーの応用|ソフトハンド編

ブラックジャックベーシックストラテジー

ベーシックストラテジーの「ソフトハンド」とは、手札の1枚に「A」がある状態のプレイヤーの手のことをいいます。

ブラックジャックでは「A」の扱いは「1 or 11」という扱い方に

となっており、基本は「11」扱い後にバーストするようであれば「1」にチェンジするというのが一般的です。

手札に「A」があるということは、柔軟に変化する「A」の働きを考えながら、ジャッジする必要があるということになります。

ここからは、ソフトハンドの戦略についてご紹介します。

ダブルダウンの判断になる可能性が高い

ダブルダウンとは、残り1回のみのヒットを条件に、ベット額を追加できるコールポーカーで直前のプレイヤーと同じ額をベットすること。のことをいいます。

つまり、ソフトハンドは「勝負手」であることが多いということにつながるのです。

ブラックジャックでの勝負手は次の2点が合致することが条件となっています。

  • 1回ヒットをしてもバーストすることがない
  • 1回のヒットで合計17以上が見込める

1回のヒットで合計数字が17以上になるのであれば、ディーラーとの土俵に立てる。

ということは理解できるかと思います。

前者のバーストすることがない、という点に関しては「A」が11から1の数字に変化する点を利用しています。

ただ「A」の扱いが11から1に変化した時にバーストはしませんが、ディーラーに勝つには「ディーラーのバースト待ち」となってしまうのです。

自身がバーストするよりマシだと思い、勝負を見守る用にしましょう。

「A」が11でなくなったときどうするか

「A」のカードは11としてカウントするが、バーストしてしまった場合には1としてカウントすることができる。

というのは、前述しています。

では、ベーシックストラテジーを利用している段階で「Aが11ではなく、1とカウントするカードになった場合」についてはどうしたら良いのでしょうか?

答えは合計数字を把握して「ハードハンドのベーシックストラテジー」を利用することです。

ハードハンドのベーシックストラテジーは「すべて合計数字に基づく指針」

となっているため、ヒット後の合計数字にも対応が可能なのです。

次の判断に困れば、ハードハンドを見返すようにすることが、ベーシックストラテジーを利用するうえでの重要なポイントとなっています。

カードカウンティングで変わる考え方

カードカウンティングは「利用したカードを記憶し、次のカードを予想する」戦略のことをいいます。

これを完璧にマスターし、ベーシックストラテジーと合体させることを「パーフェクトストラテジー」と呼ぶのですが、この方法を少し借りることがソフトハンドには重要となるのです。

ダブルダウンの判断が多いソフトハンドには「高確率で勝つには10とカウントするカード」が必要ということも示唆しています。

カードカウンティングのように、すべてのカードをカウントするのではなく「10・K・Q・J」がどれだけ残っているか。

ということを把握しておけば、ベーシックストラテジーのダブルダウン指示を拒否することもできるのです。

10とカウントするカードがほとんどないのに、ダブルダウンしても勝つ見込みは低く、ベーシックストラテジーが仇になることもあります。

ベーシックストラテジーだけを鵜呑みにしないことも、大事なポイントなのです。

【ブラックジャック】ベーシックストラテジーの応用|スプリット編

ブラックジャックベーシックストラテジー

最初に配られた手札が「2・2」といったペアになっていた場合に、追加ベットをし「2・◯」「2・◯」といった2組の手札に分けるコールのことを「スプリット」といいます。

かなり特殊な状況ではありますが「まったく発生しない」ということはありません。

基本的には「スプリット」でコールするのが多いのですが、そのことを含めて詳しく応用的な知識についてご紹介します。

「5」のスプリットはダブルダウン

スプリットで判断することが多いのが、スプリットのベーシックストラテジーですが「5のスプリットはダブルダウン」の指示になっています。

「5・5」のスプリットは合計が10であり、ダブルダウンを選択し30%以上の確率で「10・K・Q・J」を引き、合計を「20」にするほうが勝ちやすい

そのため「5・5」のスプリットは「ダブルダウン」という選択となっているのです。

「5・5」を「5・◯」「5・◯」で分けると、ヒットの数が必然的に多くなり、バーストで敗北するデメリットの確率が大きいため、ダブルダウンの選択が最適といえます。

スプリットにするのは1枚でも強いカード

「7・8・9」のペアにスプリットの指示が集中しているのは、ベーシックストラテジーの表を見れば、お分かりいただけるかと思います。

これは「7・8・9」がバラバラにしても、個々に強いカードだからなのです。

こういえるのは、ブラックジャックが10のカードが多いため「7・8・9」が「17・18・19」に化ける可能性が高いから。

という結論になります。

ただこれは、カードの理論上の話で、10とカウントするカードの残りに左右されるため「10・K・Q・J」のカードはカウントしておくと、精度がもっと上がるのでおすすめです。

スプリットしたあとどうするの?

スプリットのベーシックストラテジーには、スプリットを「する・しない」選択肢はあるのですが、その後どうするのか?

といったことの説明はありません。

これでは、スプリット後にどのような対応をするべきなのか、迷ってしまうのではないでしょうか。

答えを先にいうと「スプリット後は、ハードハンドとソフトハンドを参考にする」ということになります。

スプリットのベーシックストラテジーで、スプリットをコールすれば、ここの手札はスプリットではなくなるのです。

そのため、判断がハードハンドとソフトハンドへとベーシックストラテジーが移動することになります。

ベーシックストラテジーを実践するのにおすすめなオンラインカジノ

ベーシックストラテジーを理解して、実践でブラックジャックをプレイして、自分の実力を試したい。

と思っていても

「いやいや、オンラインカジノなんてプレイしたことないよ」

なんてプレイヤーもいるのではないでしょうか、オンラインカジノをプレイしたことがない人にとっては、怖いイメージが先行するかもしれません。

そこで、ここからは以下の厳選した安心安全で遊べるオンラインカジノについてご紹介します。

  • ベラジョンカジノ
  • コニベット
  • カジノシークレット

ベラジョンカジノ

ボーナス
  • 入金不要ボーナスオンラインカジノに登録するともらえる無料のボーナス:Golden Ticketの150回FS
  • 初回入金ボーナス初めての入金時にもらえるボーナス。:入金額の100%(最大$500)
    入金不要ボーナスオンラインカジノに登録するともらえる無料のボーナスはカジノロビー限定!
運営会社 Breckenridge Curacao B.V.
ライセンスオンラインカジノの運営許可証。カジノライセンスとも呼ばれる キュラソー ライセンスオンラインカジノの運営許可証。カジノライセンスとも呼ばれる(Curaçao Antillephone N.V.)
ゲーム数 2,500種類以上
プロバイダーカジノゲームの開発会社、メーカー 58社

日本での人気や認知度が高いのがベラジョンカジノです。

WEBでの広告や、オールナイトニッポンでのラジオCMを放映したこともあり、一度は聞いたことがある。

という方も多いのではないでしょうか。

「ベラジョンカジノは日本人でも気軽に遊べるの?」

と思うプレイヤーもいるかもしれませんが、サポートは日本語で対応しており、ライブチャットですぐ解決するのもベラジョンカジノの安心できるポイントの一つです。

ベラジョンカジノでブラックジャックをプレイする場合は、検索欄から「ブラックジャック」と検索すれば、ライブカジノリアルタイムで体験できるカジノゲーム。画面越しにディーラーがゲームを進行するからゲームスタイバンカーとプレイヤーの点数が同じ状態のこと。引き分けとなることが多い。ルでも見つけることができます。

コニベット

ボーナス
  • 入金不要ボーナス:$50
  • 初回入金ボーナス初めての入金時にもらえるボーナス。:入金額の100%(最大$500)
    どちらのボーナスもカジノロビー限定!
運営会社 CSA Polisen Information Co.Ltd
ライセンス キュラソー ライセンス(Gaming Curaçao)
ゲーム数 2,000種類以上
プロバイダーカジノゲームの開発会社、メーカー 34社

大手のライブカジノリアルタイムで体験できるカジノゲーム。画面越しにディーラーがゲームを進行するプロバイポンツーンのオプションで同じ金額を払ってカードを1枚引くことダーが搭載しているのがコニベットです。

2019年に設立した比較的新しいオンラインカジノではありますが、ライブチャットも24時間365日対応しており、トラブルや悩みなどをすぐ解決することができます。

サイトデザインが可愛いだけではなく、有名なアニメをモチーフにしたイベントなども行っています。

コミカルで、可愛い見た目ですがVIPレベルも充実しており、ハイローラー高額の賭け金で遊ぶカジノプレイヤーのこと。プレイヤーにもおすすめのオンラインカジノです。

コニベットのサイトの上部に「虫眼鏡」のマークがあり、そこからブラックジャックも検索できます。

ライブカジノも充実しており、サイト左のメニューから移動することができます。

カジノシークレット

ボーナス
  • 入金不要ボーナス:$50
  • 入金額の100%キャッシュバックボーナス損失の一部がボーナスとして返金されるシステム(最大$3,000)
運営会社 Niollo BV
ライセンス キュラソーライセンス(Gaming Curaçao)
ゲーム数 2,000種類以上
プロバイポンツーンのオプションで同じ金額を払ってカードを1枚引くことダー数 39社

オンラインカジノ界のなかでもキャッシュバックボーナス損失の一部がボーナスとして返金されるシステムに定評があるのが、カジノシークレットです。

キャッシュバック賭け金や入金額の一部が戻ってくる特典のこと。ボーナス以外にも、日本一のオンラインカジノとして賞も受け取っているほど、プレイヤーの満足度が高くなっています。

また初回入金ボーナスオンラインカジノに入金するともらえるボーナスは、キャッシュ現金のこと。オンラインカジノでは、ボーナスでとは別で現金分のコインとして扱われる場合もある。バックスタイバンカーとプレイヤーの点数が同じ状態のこと。引き分けとなることが多い。ルですが、出金条件ボーナスに課される出金するまでにクリアしなくてはいけない条件が定められていません。

キャッシュ現金のこと。オンラインカジノでは、ボーナスでとは別で現金分のコインとして扱われる場合もある。を失ったとしても、戻って来る安心感は、オンラインカジノをプレイしたことのない人にとっては嬉しいのではないでしょうか?

ブラックジャックのトーナメントも開催しているので、ブラックジャックで遊びながら入賞を目指せば、高額賞金・商品も受け取れるチャンスがあるのもポイントです。

この記事を書いた人
baron.png
baron.png
バロン・ジャック
CASINO LOBBY編集部/
オンカジ歴7年
テーブルゲームを愛するオンカジプレイヤー。カジノといえばバカラでしょ!と始めたオンカジに激ハマり中。
バカラやポーカーは自分にお任せあれ!
好きなオンラインカジノ:ベラジョンカジノ
好きなカジノゲーム:ライトニングバカラ
記事内容について連絡

当サイト限定!登録で豪華入金不要ボーナスが貰えるオンラインカジノ

ラッキーニッキー

luckyniki
【限定ボーナスあり】豊富なプロモ・キャンペーンで飽きさせないカジノ
アニメ風キャラクターの「ニッキー」がカジノ内を案内してくれるカジュアルな雰囲気が特徴のオンラインカジノ。日替わりプロモーションやVIPプログラムがあり、ゲームも2,300種類以上!
  • 入金不要ボーナス当サイト限定40ドル
    入金ボーナス【当サイト限定】最大500ドル初回入金ボーナス
  • 賭け条件30or60倍
    ボーナスコード-
決済方法
  • JCB
  • Tiger Pay
  • Vega Wallet
  • エコペイズ (Ecopayz)
  • ジェットオン (Jeton)
  • ビザカード (Visa Card)
  • ビットコイン (Bitcoin)
  • マスターカード (Master Card)
  • マッチベター (MuchBetter)
  • 銀行送金
\登録するだけで/
当サイト限定40ドル
入金不要ボーナスGET

コニベット

konibet
【限定ボーナスあり】日本語サポートが充実!初心者でも安心
当サイト限定50ドルの入金不要ボーナス実施中!カジノのゲームは約3,000種類!スポーツベットにも力を入れ散る今注目のオンラインカジノ!
  • 入金不要ボーナス50ドル
    入金ボーナス【当サイト限定】最大500ドル初回入金ボーナス
  • 賭け条件5倍
    ボーナスコードJ500
決済方法
  • JCB
  • Tiger Pay
  • Vega Wallet
  • イーサリアム (Ethereum)
  • エコペイズ (Ecopayz)
  • スティックペイ (STICPAY)
  • テザー (Tether)
  • ドージコイン (Dogecoin)
  • ビザカード (Visa Card)
  • ビットコイン (Bitcoin)
  • マスターカード (Master Card)
  • ライトコイン (Litecoin)
  • リップル (ripple)
  • 銀行送金
\登録するだけで/
50ドル
入金不要ボーナスGET

ベラジョンカジノ

verajohn
超人気・超王道!日本人にも支持される最高峰オンラインカジノ
一番人気で有名なオンラインカジノ!オンラインカジノ選びの迷ったらベラジョンカジノ!当サイト限定で30ドル入金不要ボーナス実施中!
  • 入金不要ボーナス150回(30ドル相当)フリースピン
    入金ボーナス【当サイト限定】最大500ドル
  • 賭け条件20倍
    ボーナスコード-
決済方法
  • JCB
  • Vega Wallet
  • アメリカン・エキスプレス・カード (American Express Card)
  • イーサリアム (Ethereum)
  • エコペイズ (Ecopayz)
  • ジェットオン (Jeton)
  • ビザカード (Visa Card)
  • ビットコイン (Bitcoin)
  • ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash)
  • マスターカード (Master Card)
  • マッチベター (MuchBetter)
  • ライトコイン (Litecoin)
  • リップル (ripple)
  • 銀行送金
\登録するだけで/
150回(30ドル相当)フリースピン
入金不要ボーナスGET
オンラインカジノおすすめランキング
オンラインカジノボーナス一覧
オンラインカジノランキングバナー